2013/10/31

ヤドリギ柄の食器たち 新商品アップしました!



新商品をアップしました!
今回はヤドリギ柄限定です。
(少しヒイラギ柄もあるのですが・・・)

1900年あたりに流行った宿り木の柄。
アクセサリーや装飾品などにかわいいヤドリギの柄がたくさん見られます。
グルニエイデコでは食器に限定してヤドリギを集めてみました。
私ってやっぱりオタク?
かなりの散財でした。笑

いろんなタイプがあります。


まずはロンシャン窯のものから。

 珍しい形の水差しです。
アイボリーの地にやさしいブルーのヤドリギが美しいお品です。

 側面の美しいレリーフのソーシエール(ソース用容器)
当時のお料理には欠かせなかったソース、フランスならではの容器ですね。

 そして、レリーフと丸いコロンとした形がかわいいヤドリギのスーピエール。
脚付きで更にかわいいんですよ。


次にご紹介するのは、バドンヴィレー窯。
シックな濃いグリーンが素敵です。

ヤドリギのモチーフに動きがあって、なんだかウキウキしてくる柄です。笑
大き目の水差しですので、今だったらざっくりと秋アジサイのドライを大胆に飾ってみたいものです。

カップ&ソーサー。

デザート皿。
ヤドリギの実の部分はぷっくり盛り上がっているんです。
縁はレリーフになっていて美しく。



 次はこの当時既にかわいい柄でマダム達を楽しませてくれていたディゴワン&サルグミンヌのヤドリギシリーズ。

パープルのグラデーションがふんわりした雰囲気で素敵です。
やはり縁はレリーフで美しく。
上のはデザート皿。

 カップ&ソーサーもうれしい大きなサイズ。
ココアやカフェオレなんかが出てきた頃なんでしょうか・・・。

 カップの裏がまた凝っていて、お花のレリーフになっているんですよ!
素敵~(#^.^#)
  お砂糖を入れる為のシュガーポット。
フタのつまみが歪んでいてかわいい。笑

そして前回もご紹介させて頂きました、大御所の陶芸家エドモン・ラシュナルによるリュネビル窯のヤドリギシリーズ。
詳しくはこちらを↓
http://grenier-ideco.blogspot.fr/2013/06/1900luneville.html



 今回はデザート皿と深皿、スーピエール、ラヴィエ、プレートのご紹介です。

 柄がそれぞれ微妙に違うんです。

 色も微妙に違うのでよくご覧くださいませ。

 スーピエールはほとんど新品状態。
とは言え貫入は見られます。
博物館並みの価値のお品ですので、お値段は少しお高めにはなります。

 今回のほとんど未使用の状態のリュネビル窯のヤドリギシリーズは、売主の方のご家族のそれこそ屋根裏からでてきたものなんだそうです。
きっと大切に眺めていただけなんでしょうね。
ほとんど使われなかったと聞きました。
せっかくご家族の思い入れの入ったお品を手放してくださったのですから、日本へ行く機会があるならば大切に使わないとですね・・・。
(他の方から購入した状態のあまり良くないものもオンラインショップに混ざっています、良くご覧くださいね。)
 いろいろな状態のものがあり、風化の進んでいるもの、新品みたいにきれいなものがあります。
アンティークですので、キズやシミ、ヒビやカケのあるものももちろんあります。
よ~くご覧になられてからご購入をお決めくださいね。(^_^)


クリスマスには少し早いのですが、11月はお休みが多いのと万が一郵便局の都合で荷物が遅れてもクリスマスに間に合うようにと今のうちに更新させていただきました。

皆さまもクリスマスの準備、是非楽しみながらなさってくださいね。♪

店長 イデコ
http://ideco.ocnk.net/