2013/12/26

クリスマスディナー a la maison


今年はヤドリギ柄の食器を使ってみたくて、クリスマスのディナーに使わせていただきました。
リュネビル窯のラシュナルによる図案のお皿たちです。

 2枚重ねて、大きい方は直径26cmほどのディナー皿、小さい方はデザートや前採用の直径22cmほどのお皿です。

何がこのお皿に乗るんでしょうか。笑

 この日は早く食べることになり、16時から仕度が始まりました。
 準備も終わった頃には日が暮れて。

 前菜の前菜、アミューズブーシュと言って日本なら”付き出し”と言ったところでしょうか。
レンズ豆の煮込みを頂きました。

 ワインは天使のいるラベル。
南仏のワインシャトーヌフ・デュ・パプです。

  前菜には、魚の卵もの。
お値段からしてキャビアではないんじゃないかと思いますが、少しパンに乗せて。

 そして、フランスのクリスマスに欠かせないのが、フォアグラ!
です。
パンにこんな風にして乗せていただきます。
これに甘いいちじくのジャムや玉ねぎのチャツネなんかも合うんですよ。
甘いソース少しとあら塩を少し乗せて食べると、とてもおいしいです。

 けど昨日はなにもつけず。
23日からいろいろとお客さんが来て、もう疲れたので手抜きさせていただきました。

 そして、メインは鳥のロースト!
これもローストしてるものを買ってきただけです。笑


 鳥モモのローストと温野菜。
いろんな色のにんじんとカブ、マッシュルーム、パプリカが入っています。
横にはカラシを添えて。

 このフォークとナイフは売りものではないのですが、モノグラム(イニシャル)がHなので、がんばって買いました。
フランス語の発音でイデコ=Hidekoですからね。

 そして、まだ食べますよー。
という事でチーズ各種。
左はブルビーチーズ、真ん中はトム・ド・サヴォワ、右のとろけているやつはヤギのクリーミーなチーズです。
どれも臭みがなくおいしいものでした。

 そのあとはデザート・・・。
といきたいところですが、もうお腹一杯で食べられません。
でも肉で終わるのはちょっと・・・。
そこで、みかんを頂きました。

 クレモンティーヌといいます。
コルシカ島のクレモンティーヌだそうで、相方が会社からもらってきたんですが、こんな変わった形もありました。
ハート?それともお尻?
ハートという事にして置きましょう。

 ケーキの写真は前日のイブの日に頂いたもの。
トラムに乗ってマルセイユのおいしいケーキ屋さんで買ってきました。

JOYEUX NOEL

食べ過ぎたので、今日から地味な食事を目指します。
それでは良いお年を!


あ、でもまだ31日がありました。
この日もたくさん食べます~・・・。