2014/01/07

イデコ風フレンチトースト パンンペルデュ

今日のお昼はフレンチトーストとココアです。
お昼なのにおやつみたいなもん食べて、太りそうですが・・・。

古くなったパンがなければわざわざ作らないと思いますが、家に買ったばかりで古くないのに硬~い硬~いパンがあったので、それを使ってフレンチトーストを作りました。

以前フランスの古くなったバゲットで作ったときは、卵ミルクに付けたのにまだ硬くてなんだかがっかりだったので、ネットでレシピを拝借。

 イデコ風に少しレシピを変えて。
(レシピ、適当ですので真剣に見ないように)笑

☆ パン バゲット(フランスパン)4切れ 輪切りで良いと思います。
☆ 卵 1個
☆ 豆乳 適量(すみません分量が適量で)
☆ お砂糖 お好みで
☆ バター 焼くときに使います。

 まずは硬いパンを豆乳に浸します。
5分くらいしたら全体に浸みてきて、これ以上漬けてておくとパンがちぎれそうだったので、


すぐに卵とお砂糖とほんの少しの塩を入れた液に漬けて、すぐに焼きました。

フライパンにBIOのバターを入れ溶かしてから焼きます。

 卵があまってしまったので、全部フライパンに入れてしまいました。苦笑
これがイデコ風。
料理ほんとに下手なんです。
なんだかオムレツみたいになってきましたよ。。。
いいのか?
ふたをして5分中火で焼き、裏返して2分で出来上がり。

 ココアは先に作っていたのですが、スーパーカジノで購入したBIOのココアパウダーとやはり豆乳っそしてお砂糖を少し。
ココアは購入した際は紙の箱に入っていましたが、不便なのでボンヌママンのジャムの入っていた瓶に移し変えます。
またBIOなのはいいんですが、やはり先日まで使っていたバンホーテンの粉ココアの方がおいしかった~。

木製のスプーンはオリーブの木のこので、鍋を傷つけず便利です。
が、コーティングはすぐに剥がれてしまいます。
食器洗浄機に入れたら一発でこのようなマットな状態に・・・つやつやしてたのに~。
使い古した頃にお料理に使うと良いと思います。
それまではサラダの取り分けなどに。



肝心のパンペルデュは、盛り付けながら卵を食べてしまう事で(笑)、オムレツはにはなりませんでした。
上からシナモンを少しかけて。
付け合せにプルーン。
また甘いがな。

はちみつは南仏のラヴェンダーのはちみつ。
またしても甘いがな。

あとで気がつきましたが、これだけ甘い素材ばかりなので、塩っけがあったほうがおいしいだろうと少しお塩を卵液に入れましたが、本当はパン自体に相当な塩が既に入っているので気をつけたほうが良いですよ。


 お皿とカップはオクトゴナルで。
カトラリーは簡単にイケアのもので。


オクトゴナルをこうして食事しながら眺めるというオタク的幸せ。
たとえ縁にカケがあってもそれもかわいい。
自分用だからいいんです。

お腹一杯のあとは、仕事仕事。
コツコツと詳細記入に励みます・・・。
あ~気が遠くなる。
ZZZZZzzzzz。。。。。。





PS:今年のモットーはユルユル活動します、です。
友達に言われたユルユルがんばる事が結構気に入っています。
そしてフランスのレシピをイデコ風にご紹介していきますね。
真剣に見ないでくださいね。笑