2014/03/28

新商品アップしました!フランスアンティークの白い食器特集 2014/3/27

今回は白い食器特集。

私も大好きなクレイユモントローやボルドー窯が数多くでていますよ!

ブログが間に合わず、すでに売れてしまったものもございますが、こんなものをご紹介しております。


クレイユモントローのジャムポット!
今回ちょうど4つの違う大きさが揃いました。

 一番小さいのは、うちの湯呑サイズの信楽焼と全く同じサイズです。
一番大きいものは、もはやジャム用というより、丼ぶりなんかに合いそうですね。
丼ぶりって・・・。
19世紀にクレイユモントローの窯でジャムポットを作っていた職人さんには想像もつかないでしょうね。
日本で丼ぶりに使われていたとしたら。笑

 ちょうど4つ収納できるんです。
感動。


 マークもそれぞれ違って、これまたコレクションとして面白いんです。



そして、こちらはジアンのポントシューシリーズ。
18世紀の幻のポントシュー窯。
米粒柄のシリーズを作っておりました。
実物のポントシューを目にできるのは大変珍しいことですが、ジアンのポントシューシリーズならばお値段もお手頃です。

そして、くだらない事ですが、いつも収納に困っていたブイヨンボウル。
このように重ねてみたらいい感じです。


 そしてボルドー窯のマスタードポット。
からし入れるんでも品があって、おでん用のからしじゃもったいないかな、とか。

 こちらは小さめのコーヒーに入れるミルク用のポットです。
風化していて大変味のある雰囲気になっています。

Jules Vieillardに引き継がれた後のものになりますが、刻まれた刻印にDavid Johnstonの文字がまだ見られます。
ボルドー市のマーク3つの三日月もス・テ・キ。♡

美術館とまではいかなくても、ギャラリーでも見に来たような気分にはなれますよ!
是非イデコ店長の屋根裏ショップ、グルニエイデコを見にいらしてくださいね。(^^)

店長 イデコ
http://ideco.ocnk.net/