2014/06/16

先日のバカンスで行ってきたビアリッツ バスク パート1

バスクはいいですよ~。
一度機会があれば皆さんも行ってみてください。
バスク地方というのは、フランス南西とスペイン北西にまたがった地域の事で、独立運動も盛んな地域。
バスクの人たちは”フランス人”でもなければ”スペイン人”でもない、バスク人だと思っています。


 今回バスクへ行く事になったのは、日本からくる友達と合流するため。
前回別の日本人の友達姉妹とサンセバスチャン(スペイン)へ行ったときは、マルセイユからビアリッツの飛行機に乗り、ビアリッツからミニバスでサンセバスチャンへ行く、予定でした。
しかしながら、ビアリッツ近郊は天候が変わりやすく、一度お天気が悪くなると小さな空港だけに着陸が難しいんだそうです。
私たちの乗った飛行機も3回ほど着陸を試みたんですが・・・怖。
霧が濃くて着陸できなかったらしく、隣の空港に着陸してしまいました。
その間着陸しそうになり滑車もでて「グゥ~ン」とすごい音と圧力がかかり、でも着陸できないので、また「グゥ~ン」とすごい勢いで旋回すること3回、もうダメかと思いました。笑
ボルドーについてしまった私たちは、シャトルバスで3時間かけてビアリッツまで、ビアリッツから予約してあったミニバスでサンセバスチャンへ行ったわけですが、サンセバスチャンへ着いた時には夜中の2時でした。(*_*)

 今回はそんな事はなく、無事にビアリッツの空港へ到着。
でも今回は友達は直接パリから来るというので、私と会い方はビアリッツに全泊しました。

また前回のようなことが起きても良いように。

 ビアリッツに付くとお天気はいまいち。
マルセイユはいい天気だったのですが。。。
上の写真離れ島の上に聖母マリアの像がありました。

 全体的に黒っぽい景色です。

 菊の種類?
プロヴァンスにはないお花です。

 これはなんでしょうか。
曇り空に生えるきれいな色でした。

 そしてこれが離れ島のマリア像。

 別の離れたところにある岩場の上には十字架がありました。

 厳しい海ですね。
マルセイユのだら~りのんびりした地中海とはまた違います。


 Ville de Biarritzとモザイク風に埋め込まれています。

 1900年とイニシャルが。

 黄色い苔もきれいでした。



 上のほうに見える教会へ行ってみます。

 ふと気になった一角。
 何か見えるような・・・。


 夜はここでアペロ(アペリティフ)
Comptoire de Foie Gras
名前の印象とは全然違い、普通のバルです。
つまみをちょっとと、ワインを立ち飲み。
この写真はまだ開店前に撮ったもので、夜8時ごろからたくさんの人が飲みに来ていました。

一杯飲んでいるうちに行きたかったレストラン(というかやはりバル)がいっぱいになっていたので、少し散歩を。
高台に上がるとこんなきれいな夕焼けに会えました。
これでも夜の9時半ですよ!


夕日が沈むまで写真を撮っていました。
明日は晴れそうです。

PS:旅行のブログは別にしておこうかと思ったのですが、やはりブログを統一したほうがよいかと思い、こちらに載せていこうかと思っています。(^^)v