2014/07/10

ある日のラヴェンダー畑 ヴァランソル

6月23日だったので、ラヴェンダーにはちょっと早いかな?
と思ったのですが、今年は冬がなく春から暑かったので、ちょっと田舎へ行くとラヴェンダーが咲き始めているのには気が付いていました。
なので、ヴァランソルへラベンダーを見に行ってきました~。
日本から友達夫婦がきていたので、実はこの日しか一緒に行ける日がなかったんです。笑

 うわーっ、と真っ青な空。
ラヴェンダーが咲き始めですね。
でも一面パープルでしたよ。(*^^*)

 後ろに見えるはアルプス山脈。

 畑のシマシマがまたきれいです。


手前は麦。

 そして、今年は麦畑もたくさん見られましたね。
ずっとラヴェンダーばかり栽培していると土がダメになってしまうんだそうです。
それで、たまに麦を植えたり他の植物に替えるのだそうですよ。
それでセナンク修道院のラヴェンダーも麦になってしまっている年があるんですね。笑






これがヴァランソルの村。
村自体は広いんですが、お土産やさんやカフェのある広場は小さいんです。

 ヴァランソルの村の中心地は小さくて、カフェが3、4件集まっています。
ちょっと外れるともうお店もなく、アパートやお家があるのみです。



 こんな抜け道?が。

 自転車の後ろにマルシェで使われていたパニエが乗っかっていて、更にドライのラヴェンダーが入っています。
なんてオシャレな。

 カフェで一息。
右側のクリームイエローの飲み物はパスティス(リカー)、緑色のものはマンタローです。
マンタローなんて名前の日本人の方が存在しそうですが。笑
Menthe a l'Eauで マントゥ(ミント)のお水。
ミント水です。
グリーン色のシロップに水を足したものです。
フランスでは冷たい飲み物の選択肢が少なくて、アイスコーヒーやアイスティーなどは存在しません。
無理に説明して頼めばやってくれるところはあります。
くらいな程度です。
旅行したらその場に馴染んでください。笑

とは言え、南仏名物のパスティスは好きになれません。
どんな味?とお思いの方は是非試してみてください。笑

甘くない冷たいものが飲みたい。
しかもアルコールの入っていないものが飲みたい、と久々に思ってマンタローを頼んでしまいましたが、やっぱり甘かった!(馴染でいません、私)
炭酸水にしておけばよかった。
と思ったイデコでした。


 かわいいお土産やさん。

※ 写真を使われたい方はご連絡くださいね~。(^^)/