2014/10/17

9月のアンダルシア最終日 セビリア

慣れたセビリアに戻ってゆっくり街歩き。

 こんなかわいい色の組み合わせのファサードがたくさんあります。


そして、やはりフィガロジャポン(便利だわ~)に載っていたタパスへ。
BAR EUROPA

 内装が白い壁に青いタイルで素敵です。

 必ず簡単に食べてさっさと出ていける為のようなカウンターと高いバー用の椅子があります。

 前菜のスープ。
冷製スープです。

 イベリコ豚肉。

 マグロのソテー。
付け合わせに海藻。
どれもおいしかったですよ。
一人で入るにもお勧めです。

 このお店には、こんなタイルがありました。笑
熊と戦っている人間?


 
 いろんな建築物を見ながら。

 FARGOなるお店を発見。
今まで目にすることがなかった”BIO”の文字がメニューの中にありました。
ワインもビオらしく。
夜はここにしようと予約しました。
そしたら思いっきりフランス語をペラペラと話す方が。
聞いたらフランス人のオーナーなんですって。
英語を喋るスペイン人女性とフランス人男性が二人いました。

 突き出し。
人参のピューレかポタージュだったと思います。

 スズキのグリルと下にはお米と海藻系だと思いますが、日本人には受けそうなネバネバした素材のものが混ざっていました。
でもやはりどこかフランス風。笑
とてもおいしかったです。
帰る前に一足先にフランスの味を楽しみました。

 フランス風にデザートも。
カフェグルマンで。
Cafe Groumandとは小さなミニャルディー系(マカロンとかチョコや小さな焼き菓子)の盛り合わせとコーヒーが一緒になったもの。
ここで言うコーヒーは普通エスプレッソの事です。

スペインではカフェと言うと勝手にミルクが入ってきたことがあったので、必ず指定した方が良いんだなと思いました。
カフェだけではなくカフェソロと。

名残惜しいままにアンダルシアの旅行が終わりました。
また来たいけど、他にも行きたい所がたくさんあって。。。

そして次回は日本です!
旅行ばかりで仕事は?と言われそうですが、ちゃんとお仕事もしていますよ~!
ネットショップなので、地道にコツコツとちゃんと仕事しております。