2015/01/11

冬のルールマラン 子犬を返しに行ってきました。

グリちゃん、元気になったのは良かったのですが。。。
元気になりすぎて、別人(別犬?)のようになってしまいました。

えさをガンガン食べ、いつもエサのおねだりをするようになりました。
あんなに楽しそうに遊んでいたおもちゃを見せても遊ばなくなり、おかしいなとは思ったのですが、どうしたらよいか分からず。
トイレはきちんとできていたので、トイレするたびに褒めてなでなで。
でも梱包がたくさんあったので、郵便局に行かないわけにはいかず、連れて行くわけにもいかなかったので、一人で郵便局へ行って帰ってくると!
おしっこがあちらこちらに。

そのあとはもう私がいても何をしてもあちこちするようになってしまいました。
完全になめられていました。
動物病院で「目の前で掃除するのは避けてください」と言われたので、いう事を聞いておしっこだらけままにしておき、相方が帰ってきたらグリを見えないところに避難させて掃除すればいいやと。
でも私もグリちゃんのお世話をしながらでは全然仕事にならず、相方が返ってきたときにお掃除を頼みました。
梱包が終わっていないかったので。
そしたら、掃除が終わった頃に相方が限界に達したらしく、「この犬は返そう」となりました。|д゚)

タイミングの悪いときに飼いはじめて、私の勉強不足、相方実は犬が好きじゃなく、などなど。
軽く考えすぎていました。
グリちゃん、ごめんね。
つらい体験をさせてしまいました。

でも、今のうちにブリーダーさんに返しておけば、あんなにかわいいんだからまだ貰い手もあるだろうし、育て方を知っているお家へ行った方がグリちゃんが幸せだと思い。

なんだかうちはガラ~んとして空虚なかんじですが、1週間だけでまだよかった。
ゲージに入れて、犬のしつけの学校にも行って、などと考えていましたが、あのまま飼っていたらどうなっていた事か。。。
お返ししてよかったと思います。。。

ユルユルペースで仕事をするつもりでしたが、この際仕事と旅行しか楽しみがなくなったので、ちょっとガンガン仕事してみようかなと思っています。

新年早々、トホホなイデコでした。

今テロ事件のせいでマルセイユでも暴動がおこっているらしく、ブリーダーさんに来てもらうより、私たちがリュベロンの田舎に行って返して来ようとなりました。
ルールマランの手前の小さなコミューンで、田舎の真ん中。
素敵なプロヴァンス風の大きな家でした。

これはグリちゃんが不機嫌だった気持ちが分かります。笑
こんな素敵な環境にいたら、小さなアパートじゃ難しいよね、ごめんね。
子犬を返したとたんにホッとして、疲れがどどーーーーっと出てきました。
2/10しかお金は帰ってこなかったし、入院代、クリニック代と出費はかなり大きかったですが、なによりグリちゃんも私たちも幸せになれることが第一。
この年にして勉強させていただきました。。。

そのあとに、ルールマランの村をお散歩。
やっぱり素敵な村です。

 いつも行くカフェやバーにもテロに抗議する”Je suis Charlie”の張り紙がたくさんありました。

 素敵な雑貨やさんの多いルールマラン。
フランスでもっとも美しい村のひとつです。




 ギャラリーも多く。


 市庁舎も”Je suis Charlie”






 お散歩が終わるころには日が暮れて。

 街灯が点きはじめ。

イルミが点きはじめ。
きれいでした。

村のパン屋さんでガレットデロワやパンを買うとシードルを1本おまけにくれました。
久々に体験したちょっと良い事でした。



ここ1週間寝ていなかったので、(郵便局の値上げ問題もあったけれど)昨日は久々にゆっくり眠れました。(T_T)
がら~ん、とした空間も明日にはまたダンボールとパッキンであふれる事になるでしょう。

とにかくホッとしました。
相方も私もやっぱりネコがすきみたいです。

とほほ。