2015/05/22

南仏陶器特集です♪ ピション デュルフィ などのドローム県の食器

いろんなお色揃いました♪

 春のアンティーク市で仕入れたものがほとんどです。
やはり南仏なので南仏陶器を多く見かけます。
とは言えパリなどの蚤の市は良く知りませんので、以外にパリでも見つけることができるのでしょうか??

上の写真、どのお皿も大きさが揃っていて素敵でしょ?
カラフルな、でも自然でやさしい色が南仏風。

 そんな中でも面白いものにたくさん出会えました。
このグリーンのきれいな色のお皿は、と~っても平たいプレートなんです。
プレートだから平たいのは当たり前なんですが、厚さ1.3㎝しかありません!(*'ω'*)

 それとは反対に、色も渋ければそり上がった歪んだ形の縁がたまらなく魅力的なお皿。
なんとも存在感が素敵です♡
こんなお色なかなか見たことがありません。

濃いオークルもあります♪

 そしてこの下の3点の丸いお皿。
このお皿たちが今回撮影の際に泣かされました。

色がなかなか出てくれないんです!
バックをグレーにすれば。。。と思ってもやっぱり少し違うような気がします。
多少の色の誤差はお許しくださいませ~。(T_T)
上のはオークルイエロー。
南仏の土から取れる顔料の色ですね。

上の写真は実はレモンライムのようなイエローなんですが、分かりますでしょうか。。。?

 そしてこれは分かりますね、グリーン。
南仏陶器の黄色系はいつも悩ませられます。
実物が美しい色だけに、伝えられなかったら残念です。

オークルイエローの菊レリーフのお皿はピション窯。
素敵な雰囲気に風化しております。
風化と言ってもまだまだ使えますので。

 そして、うっすらクリーム色の花形のお皿はピションの前身、ヴェルネ窯のもの。
かなり古いものなんですよ。
小さなヒビが3か所ありますが、相当昔にできたものらしくビクともしない丈夫さです。
経てきた年月の事を考えたらかなり状態が良いと言えるでしょう。


最後はピションのオクトゴナル。
貫録がありますね。
南仏の窯では質の高い窯だと思います。

これも擦れなど見られますが、まだまだ実用に♪

お皿以外にもこんなものあります。


取っ手の取れた壺や

デュルフィ窯のきれいなグリーンのピシェ。

以上の南仏窯のお品たちは間もなくグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします!

店長 イデコ

グルニエイデコのオンラインショップ
http://ideco.ocnk.net/