2015/07/03

やっぱりオクトゴナル ♪ 

今回は久々にモントローのオクトゴナルプレートをご紹介いたします♪

カケのあるもの、カトラリーのキズの付いたもの、など不具合は見られます。
ご自分用に、とか、そんなことは気にしない、とか、初めてオクトゴナルを手にされる方にも、お試しで使っていただけるのではないかと思います。
ディナープレートは12枚。


一部をお見せいたしますね。(*^^*)

メインの不具合はカケ、なんですけれど。
フチの様々な場所にカケあります。

 自分用ならまあいいか、くらいのお値段になっています。

金繕い、共継ぎなどの修理を施しても良いでしょうし、

このまま使って味が出るのを待っても。
味が出るまでには相当時間がかかるとは思います。

 それから表面のカトラリーのキズ。
これもほとんどのものに見られます。

表面のカトラリによってできたキズ。

 製造過程でできてしまったキズと釉薬のムラなど。

 比較的きれいな状態のものもあります。

 サイドからみたところ、どこから見ても素敵ですね。(*^^*)

刻印は、丸っこいのと。

半月タイプ。
年代はアールデコの流行った1920-1930年頃のお品。
クレイユ時代、モントロー時代の19世紀初期からオクトゴナルのデザインは作られていました。
クレイユ&モントロー窯も第一次世界大戦のあとは不況に陥ったことと思います。
アールデコの流行に乗って、この八角の形をリバイバルさせたのではないでしょうか。
アールデコに合いますものね。

どこの窯もそうですが、刻印にFranceと入っていれば輸出を意識したものですから19世紀初め頃にはまだ存在しないと思います。
現代のインテリアにも合うデザインの素敵なオクトゴナルです♡



気になるお値段は1枚6900円~11000円、平均7500円ほどのものが多くなっています。
フランスからの保険なし送料込みのお値段ですから、この機会にどうぞお試しくださいませ。
初めての方もお待ちしておりますよ!
パン皿もご紹介する予定です。
(今回はお皿のみです)

以上のお品たちはもうすぐグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします。
写真をたくさん載せますので、良くご覧くださいませ♪

http://ideco.ocnk.net/
店長 イデコ♡

何はともあれ、やっぱりオクトゴナル♪
私も朝食時に毎日使っています。笑
ついでに言っちゃいますが、夕食の際に使っている相方に付き添ってきたイタリア製のファイアンス製のレリーフ皿も貫入、釉薬の剥がれ、カケなどあちこちに見られます。
それでも毎日使っております♪