2015/07/29

コッパーモールド特集 ♪

いろいろなお菓子型が集まりました♪

コッパーモールドはいろんなサイズがあります。
手前のは比較的小さいんですが、オンラインショップではサイズなども見ながらご検討くださいね。(*^^*)
今回はかなり大きめのモールドもあります♪


 そして銅製だけではなく、他の素材のケーキ型も用意しています♪


 これ、こんな風に分解できるので、収納に便利ですよ。


 それから、珍しいパリの老舗チョコレート屋さんの型。
ボワシエってチョコレート屋さんなんですが、今でもあるお店でしかも日本でも買えるようですね!
でも、この方たちは大変古いものです。

たまご型かわいいですね♡

製造社の名前と住所も刻まれて、最後にPARISの文字が素敵です♡


 ローリエの王冠みたいなものは、穴が1か所あいていますが、それでも素敵な雰囲気です♪

 他にも、下まつ毛のステキな(笑)お魚のモールド。

ね、下まつ毛が素敵じゃないですか?


 うさぎちゃん。
二つを合わせて立体的なチョコが出来上がるという訳ですね。


 カヌレの型は比較的新しいもののよう。

ちなみにカヌレはイデコが作ったものではありません。爆
できるわけがありません!

 コッパーモールドのうち、この型だけが小さな穴が開いています。
それでも修理したりして使ってくださったら良いなという思いです。
他のものも、凹みのあるものなど風化が見られるものがほとんどです。

 この大仏の頭みたいなモールドも素敵でしょ?
こういう丸いのになぜか魅かれます♡


スペキュロスというスパイスの入ったクッキーの型。
木製なのが主流です。
右のは小さいですね。

いえいえ、左のが高さ50㎝と大きいんですよ!
特大!
よくパリのカフェなどでコーヒーを頼むと、こげ茶色のサクサクっとしたベルギーのクッキーが付いてくる時があるんですが、それがスペキュロスです。
あれはもちろん小さなクッキーですが、こんな大きなのどうやって焼くんでしょうか。

ベルギーではスペキュロス、フランスではパンデピスの型と言われています。
このパンデピスの型、いつぞやにパリ近郊のレオナール藤田のアトリエに見学に行った際に、玄関の壁に埋め込まれて飾られていました。
そんな方法もありますのね。
藤田も好きだったんですね、骨董品。
アトリエにはボーヴェのタバコポットもいくつもあったり、骨董好きにも楽しいアトリエでした。
って話がそれてますが、

もう眠いのでこの辺で。



以上の商品は間もなくグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします♪
お楽しみに♡

店長 イデコ(*^^*)
http://ideco.ocnk.net/


PS:更新する商品のご質問へのお答はUP後となってしまいそうです。
その前にお返事するのは難しいので、ヤキモキさせて申し訳ありませんが直接オンラインショップで確認してみてくださいね。
UP後は時間取れそうです!