2015/10/15

8月バカンス時期のお荷物 行方不明だった理由。。。(+o+)

フランスのバカンス時期はポストの従業員が減ったり、アルバイトみたいな人が入るのでしょうか。

とにかくバカンス時期になると作業が遅くなる傾向があります。
今まで夏のバカンス時期はあまり関係なかったのですが、今年は8/19-25あたりにポストへ持っていった荷物が1か月半かかって到着するという遅れが見られました。m(__)m

もう、なんでなの!
とお客様も思っていたでしょうが、イデコも同じく「なんでなの!」とずっと思っていました。
なんと約2か月後になぜなのかが分かりましたんです。。。




Missent to JAKARTA !
保険付でご注文いただくと、この書留が付くのですが、これはフランスのイデコのところに戻ってくる控えなんです。
ちょっとちょっと、8/19に発送した荷物が、なんとジャカルタに行ってしまい!?
そしてこの控えが昨日届いたという事は、お客様のところには1週間前くらいに届いた事になります。
お客様にはご辛抱いただいて本当に感謝しております。
待ちすぎて呆れた方もいらっしゃるかもしれませんが。。。(ToT)

ポストには2週間を切った時点でメールでクレームを入れるのですが、そうそうるとなぜか手紙で返事が来ます。
「今調べています」みたいな。
そして、1か月後に「荷物は日本に配達されました」との手紙がまた来ます。

でも!

理由が記載されていないんです!( ̄▽ ̄)
授業員の不手際で、とか間違えてジャカルタに行っていたとか、な~んにも説明なしなんです!
もういい加減にせい、ラ・ポ・ス・ト!!!

バカンス時期でアルバイトが作業に関わっていたとしたら、日本なんて知らない人もいるんじゃないかと。
普通のフランス人は、日本好きな人も多いくらいに知っている人がほとんどですが、移民系の方は知らない人もたくさん存在します。
きっとそのせい?
JAPONがJAKARTAになってしまったわけですね。
もう!頭わるすぎ!

クレームはメールで出したんですが、手紙が2通来ただけです。
そして、そのあとにラ・ポストのアンケートメールが送られてきて「最近管轄の郵便局に行かれて言いたいことがあるのではないでしょうか」みたいな始まりでクエスチョン形式でアンケートに答えるんです。
まあ答えなくてもいいんですが、私も言いたいことがありましたので。苦笑
質問の内容は、管轄の従業員の対応は?とか。
それはいいんですが、管轄の従業員はプロモーションの商品を勧めたか?などのクエスチョンもあり、そんなの関係ない事をきいていかにも従業員が売り上げに貢献しているかどうかを知りたいだけみたいな!
頭にきて、備考欄に「すべての荷物はロワシー(CDG)で止まっていて、マルセイユの管轄の郵便局は関係ありません!問題はパリなんです!」と強い口調で書いておきました。苦笑


すみません、愚痴をお聞かせしてしまって。m(__)m

久々の郵便局に関する愚痴でした。。。とほほ


でも取りあえず全部のお荷物は届いているという事で、いいでしょうかね?
届いていない方は教えてくださいね~~~。

そしていつも文句も言わずに待ってくださるお客様には感謝しております。m(__)m