2016/01/30

モントローのオクトゴナル特集♪♪♪

1920-1950年頃のオクトゴナルになります。

状態が良いものあり、あまり良くないものあり、
ボロボロなものはないですが、完品はありません。
良くご覧になられてからご購入をご検討されてくださいませ。



そうそう、手前左側のオクトゴナルのお皿たちはモントローではなく、他の窯のものです。
おそらく1950年頃のロンウィかと。
こちらも一緒にご紹介します♪


 大きいスーピエールは、フタがありません!
状態は良い方です。

 小さい方のスーピエールには本体にヒビがあります。


 小さい方のコンポティエには、製造時にできたブルーっぽい色の混入が見られます。

 このように。
そしてキズなどです。

横から見ると脚に釉薬のムラなどが見られます。


下は大きい方のコンポティエ。
大きい方は比較的良い状態ですが、フチにカケが1か所見られます。


 カップ&ソーサーのセットです。

一番右のだけ大きいのが分かりますでしょうか。
左側の4点は普通のコーヒーカップ(デミタスではなく)の大きさです。
日本でいうブレンドやティーカップほどの大きさです。

一番右のはデジュネカップと言われる朝食用の大きめのカップなんです。
カフェオレやミルクティー用で、フランス人はこれにパンを浸して食べたりしていたんですね。
だから大きめにできています。


 そして、ココアポットはフタがありません。
他のコーヒーポットのフタはサイズが合いませんでした。
このまま水差しなどとしてお使いいただくなどしてくださる方へ。
状態は良いですよ♪


 カップの詳細ですが、5個とも何かしらあるんです。
カケとか

 カケとか

 カケとか


 落ちないシミとか(漂白して落ちませんでした。。)


 製造時にできた釉薬ムラのブツブツとか。


 ヒビとか。


 それでも、大切にしてくださる方へ。


 お皿たちは、状態の良いもの、そうでないものとありますが、比較的状態の良いものが多いです。
枚数が多く売り切れることはないでしょうから、詳細はUP時にご確認くださいませ♪


 そして、このモントローのものではないオクトゴナル!
ちょっと丸みを帯びてかわいい形ですね♡

刻印はありません。
でもおそらく1950年頃のロンウィのものではないかと思います。
素敵ですよ♪


 グリザイユのパリの風景シリーズのオクトゴナルも3枚ご用意しています♪
間の取り方が私にはツボなお品でした。
どういう事かと言うと、建物に比べ空の大きさが大きい。
こんなに余白があったら絵画的(だったとしたら)にはかなり不安になりますが、絵皿としては素敵に見える。

思い切った構図かと。

最後に、ボロボロのオクトゴナル。
グリザイユのお皿はパカーンと割れて接着剤で着けられた跡があります。
こちらは格安で♪

17世紀のジャン・ド・ラ・フォンテーヌと言う作家の物語が基になっているようです。

以上のオクトゴナルたちは、間もなくグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします♪
お楽しみに♡

http://ideco.ocnk.net/