2016/01/04

蚤の市のアンティーク雑貨たち 

マルセイユのアンティーク屋のムッシュに、
アンティークの品ものを販売しているなら、いろんなものを取り扱えるようにならないとね。
と去年言われて、イデコにもまだまだ未知の世界がたくさんあるのだなと思い、これからは言われたとおりにいろんなものに挑戦してみたいと思っています。

特に今年の抱負とかではなく、去年からいろんなアンティーク業者の方にアドバイスをいただいて。
やってみようかと思っていたところです。

 手を付けない事には感性も磨かれないので、売れなくても良いから試してみようと思っております。

そこで、今回は雑貨系のもの達をご紹介です♪

 これは、1880年代にパリのエディターが出していた植物標本用のアルバム。
中身は白紙のままのアルバムを購入して自分で押し花などして標本を作っていくキットになっているんです。


 植物が貼られたのは1907年頃のようです。

細かく小さ目の植物が貼り付けてあります。


こんな風に丁寧に貼られている100年以上も前の植物たち。
かわいいですね。
ちょっと上に戻って表紙も見て見てくださいね。
かわいい小鳥とお花が素敵なデザインです♪


 4ページ分がこのように標本になっていて、そのあと19ページほどは辞めてしまったのか白紙の状態です。
ご自身で現代の植物を標本にしていったら面白いと思います。


 それから、苦手なファブリック系も。笑
いつ見つけては「わ~」と思ってついつい買ってしまうんですが、そのあとの処理をどうしたものかと仕入れてから後悔したりしています。笑

この美しいサテンの様な時にベロアのジャガード織のカーテンは1950年頃のもの。
2枚セット+上に付ける飾りとワンセットで仕入れたつもりだったのですが、ついつい後回し後回しにしており、やっとUPしてみようとなったわけです。

ですが!
気が付くとどうやら右側のカーテンを2枚仕入れてしまった模様。(*_*)
さすがにもう半年以上も前に仕入れたので、左側の2枚はもうありません。

そういう事を考えると早めにUPしたほうが連絡も付いていいってことですね。
のろまなイデコですので、こんな事に。

 と、いう事で1枚づつバラでの販売にさせていただきます。

と~っても長いサイズのものですので、ハギレとしてクッションやバッグとして再生していただいたり、短めのカーテンにお直ししたりしてもらえたらいいな、と思っています。

ポンポンも色が揃ってかわいいんです!

 パッチワーク風がかわいいノルマンディーレース。


そして、 マダムが色染をした丸テーブル用のテーブルクロスとテーブルナプキンのセット。
素敵なクロシェとコットンのテーブルクロスでしょ?


 ファブリック系のお品ものの写真がやはりイデコにはまだまだいけてないんですが、とっても素敵なんですよ実物は!

 テーブルナプキンも付いています。(*^^*)


これまた、マダムの自作。
かなり大ざっぱな作りでイデコにもできそうなほど雑なんですが、それが素敵なところでもあるエプロン。
昔の軍隊の毛布から作ったそうです。
毛布のエプロンなんて、なかなかないですしお色が素敵♪です。

トルソーは44とスタンプが首のあたりに押してあるので、メンズ用のサイズではないかと思います。
私が付けて見たところマキシ丈の長いエプロンとなりました。
アトリエ作業用のエプロンによろしいかと。


 ピューターもいくつか。


 どれもいい味に風化しているもの。
これこそがアンティークの良いところ。

陶器の食器だけはなるべく状態の良いものをと思いますが、風化して素敵なものもたくさんある。


ロココ調のリムのプレートはピューターではなくシルバープレート製。

と、雑貨もやはり少ないんですがこれからも少しづつご紹介したいと思っています♪

以上のお品ものたちは間もなくグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします。
http://ideco.ocnk.net/
店長 イデコ