2016/04/01

バルボティーヌのアーティチョーク用のお皿♪

これ、今販売中なのですが、一度使ってみたくて、売れていないのを良い事に使わせていただきました。(*^^*)

アーティチョークは週末に買い物に出かけた際に、主人が買い物かごに入れてきたちょっとパープルがかった素敵な色のアーティチョークでした。

綺麗で食べるのもったいないなと思いながらも、合う花瓶もないし、食べるために買ったのだから、笑
食べましたよ、もちろん!


沸騰したお湯に入れて10分ほど茹でました。
塩も何も入れなかったですね。


茹で上がったアーティチョークの茎をカットして、コロンとお皿の中央に乗せました。
こんなでいいんでしょうか??


ソースを入れるスペースには、オリーブオイル、マスタード、塩コショウを混ぜた主人の手作りソースを入れます。

どうやって食べるんだろう??
どこを食べるんだろう??

気になりますね!笑

びん詰や缶詰のアーティーチョークは心臓の部分しか入っていません。
こうして葉っぱの部分も食べるとは思っていなかった方もいらっしゃるかもしれません。


葉っぱね、
全部食べるんじゃなくて、下の根元の方の中身だけを歯でうまい事絞り出して食べるんです。
もちろん手で食べるんですよ。
フォークやナイフは使いません。

食べた後の葉っぱの裏側はやっぱりお見せできるようなものではないので、省略します♪



食べ終わった葉っぱを1枚づつ並べてみましたよ。笑
葉っぱを見るとすごい量ですが、食べた分量は微々たるものです。
そして、中央にはアーティチョークの心臓部分が。


こんな風に。
まだ中の方の薄い葉っぱがくっついていますね。
これだけ透明なものはこのまま食べられます。


そして、髭みたいなものが見えますね、これは食べないんだそうで、取り除きました。


ナイフで取り除いた後の心臓部。
これが美味しいんです!

ここにたどり着くまでに、30分はかかっているでしょうか!笑
もう疲れました。

時間のある休日に、是非試してみてください。
ソースはなくても美味しいです。



このお皿を使えて、良かった♪
今はまた倉庫でもらわれるのを待っております♡

それにしてもきれいな色。。。