2016/04/12

すっきり白いポーセリン製の食器たち♪ サルグミンヌ ポースレン・ド・パリ そしてクレイユモントロー

どちらかと言うと、土の温かみを感じるファイアンスの方が好みですが、
こう、すっきりとした白も美しいんですよね。

貫入ができないし、シミとか気にせず使えるところも良いんです。
イデコのセレクトで、すっきり白い素敵なポーセリンのお品たちをご紹介いたします。


フランス語ならポースレンと言った方が良いのでしょうけれど、ここは一般的な英語のポーセリンの方を使ってみます。
でも気が付くとポースレンて言っていたりするイデコがおります。



 螺旋状のレリーフにパールのようなドットの飾りがついた、大変美しい
サルグミンヌのティーポット。



フタのフチにカケが1か所。
表から少し見えますが、表からは分かりにくいものです。


 本体のフチにカケが1か所。
右の後ろの方になります。
古物なんだからこのままで十分と思ってくださる方、もしくは修理などしてくださる方へ。


 とにかく美しいポットです♡


 ティーカップ&ソーサーは3客ご用意しております。


 ①は内側の底に突起物とカトラリーでできたキズがあります。
やっぱりフランス人、紅茶やコーヒーにお砂糖入れるのが大好きなんですね。(^^)
ティースプーンでコツコツ掻き混ぜたさまが目に浮かびます。
紅茶でもコーヒーでもブラックでいただく方には小さな突起物はさほど気にならないのではないかと思いますがいかがでしょうか。

 ②はフチにミクロ級の小さなカケが見られます。


 ③もミクロ級のカケがあります。

 そしてデザート皿は1枚。
フチに薄い黄ばみが見られます。

それにしても美しい、小さなことはあっても古物にしてはかなり状態が良く美しいと思います。
カップボードなどに飾ったらとっても素敵だと思います♪


 別のポーセリン製のお品は、
やはり美しい葡萄の葉と実のレリーフ。
リムのカットも美しいですし、

 なんといっても脚がついているんです!
素敵でしょ?
手前に見えていますが、製造時にできたと思われる亀裂があります。
しかし、これも古物。
こんな素敵な雰囲気のものが現代にあるでしょうか???
1900年頃のものです。
ずっしりと重く、現代のリモージュなどのポーセリンとは違いかなり丈夫な作りです。



最後にクレイユ&モントロー。
え、
クレイユ&モントローってファイアンスでしょ?と思いますよね。
でもポーセリン製の食器も稀に生産していたのですよ~~~。

リムも繊細なお花柄もクレイユモントローらしからぬ、乙女チックな、ロマンティックな可憐な作りです♪
こちらは次回のブログでご紹介いたします!

以上の白いポーセリン製の食器は間もなくグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします。
詳細はオンラインショップでご覧くださいませ♡

グルニエイデコ オンラインショップ
http://ideco.ocnk.net/


店長 イデコ(*^^*)