2016/05/03

フランスのブロカントと蚤の市で見つけたものたち♪

食器以外のものも好きなのですが、ついつい食器ばかり集めてしまう。
慣れているというのもあると思いますが、本当はいろんな古いものが好きです。

なんでもできるようにならなければ、とは思っているのですが。。。

ああ、南仏でひとりでやっているは限りがありますね。
難しい。。。
(愚痴すみません)
この枯れた雰囲気が素敵なBOXはドラジェとかが入っていたのでしょうか。
内側までもシルクが貼られていて、元祖カルトナージュですね。

フタの刺繍の部分がぷっくりと膨らんでいて、遠目に見た時はピンクッションかと思ったほどです。

 よく見るとお花のパニエの刺繍の右上に鳥が1羽いるんですよ。
かわいいですね♪

黒い大理石で覆われた土台の上に子供のキリストを抱いたマリア様が雲の上に立っています。
下のゴールドに彩色された彫刻も素敵です。
 ちょっと変わっていますね。

裏は空洞になっています。
ずっしりと重い置物です。

 木製の壁掛け用聖水盤です。
丁寧に彫られたもので、十字架とホタテの形の聖水盤、周りはアイビーのようなツタになっています。
この植物にも意味があるのかな?
IHSはくクッキングヒーターではなく(すみませんしょうもない事を言ってみたりして)、イエスキリストの名前のイニシャルらしいのです。
イオタ・エータ・シグマというホーリーネームのイニシャルで、最後のシグマはCなのですが、ラテン語で発音が同じSになったのだとか。
(教えてくださった方に感謝いたします♪)


 すみれの香水ボトルとボックス。
これも定番ですね。
年代によってパッケージが微妙に違うようです。
いろいろ集めても素敵でしょうね~
香水便は空になっていますが、かすかに香りが残っています。

 キャビアなどのオードヴルや小さなお菓子ミニャルディーをサーヴする際に使われていた小さ目のカトラリーセットです。
他にもセットがあったのでしょうが、今回は2本セットで。
小さ目でエンボスの素敵なデザインです♪
ハンドル部分はミネルヴァ刻印入りのスターリングシルバー。
そりゃあ、キャビアをサーヴするくらいのカトラリーですから高級にできていらっしゃるのですね♡笑


刃の部分がステンレス製に付け替えられているナイフたち。
ハンドルの部分は古いもので、左の4つはシルバープレート製です。

これからギャルリーイデコの方でUPしようと思っているものの中に、つばめのモシュリン。
オリーブの木で作られたスーヴェニアBOX。
これ幅30㎝とモシュリン箱にしては、今までに見たことがない大きさなんです。

 かなりの迫力です。
ツバメの線描も素敵に♪
カンヌのお土産だったようですね。


こちらのフラワーベースもギャルリーの方でご紹介させていただきます。
(と宣言しておくと後回しにしないので。。。笑)


素敵なルグラ製のガラス製エナメル仕上げの花瓶です。
可憐なすみれが美しいんですよ~。
相変わらずガラスを撮るのが下手で、美しさが伝わるか心配ですが。。。
設備もなくこの高級ガラス製品を自然光で取っているイデコもなんなんですが。。。



詳細は近々ご紹介させていただきます♪

お楽しみに♡

店長 イデコ(*^^*)

上記のアンティークたちは間もなく
グルニエイデコギャルリーイデコの方にお目見えいたします♪