2016/05/04

南仏のはちみつ色のお皿と食器たち♪

南仏のお皿には黄色いものが多いんです。

自然の顔料が採掘されていたので、そのなかでも黄色や赤土色などのものが多かったのだと思います。

 素敵なはちみつ色の食器たちはこちら。
プロセラムという南仏の窯が製造したものです。
1910年創業1981年には倒産してしまった窯。
かなり南仏では普及していた窯のはずなのに、残念ですね。

この量。。。
かなりの大家族だったのでしょうか。
一部だけでは売ってもらえませんでしたので、思い切って全部引き取らせていただきました。笑

その分お安くなっています。

 左は普通のお皿。
右側は取り分け用の深さのある大皿です。

 サラダボウルに

サラダボウルは使われてきた形跡がでております。
ヒビもあり、お安めの設定にしてあります。


素敵なスーピエールも。
これ一つあると、思いっきり南仏の田舎風なインテリアになりますよ♪

スープでもおかずでも、パーティにも活躍してくれそうですね。

 取っ手もつまみも素敵なフルーツの形です。
この形、意外と持ちやすいんですよ♪


 ソーシエールに。

 ラヴィエ。
小さ目のオーバル皿は使いやすく活躍の場も多いと思います。


 深皿が少し。


 ディナー用プレートはなんと15枚ご用意あります。
ご家族分揃えられますね。

裏には刻印。
1970年あたりに作られたものではないかと思います。


 刻印のないものも少ないですが数点あります。



南仏のお宅に行けば出てきそうなはちみつ色のお皿は太陽の色でもありますね。
とても南仏らしいお品です。

今は存在しない窯となってしまいましたので、この先貴重な存在になってくるのではないでしょうか。
お安いうちにどうぞ♪
状態は様々ですので、UP後のオンラインショップをゆっくり見にいらしてくださいませ。



以上のお品ものたちは間もなくグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします♪
お楽しみに!

http://ideco.ocnk.net/