2016/05/09

次回更新の商品ラインナップ♪♪♪

つばめや蚤の市雑貨、はちみつ色の南仏食器の他に、
次回は以下のようなものもご紹介いたします♪

 サルグミンヌのらせん状のレリーフが美しいピシェ。
シミが多数見られます。


 クレイユモントローのサラディエ。
もしくは水受け用のお皿だったかもしれません。

 大きめのカケや使用感の見られるものです。
内側のレリーフの陰影がやはり美しい♪


 そして比較的最近のものではないかと思いますが、
ムスティエやヴァラージュの陶芸家さんのお皿ではないかと思います。


裏の仕上げもアンティークの時代と同じで、もったりと白い釉薬がたっぷりかかっています。


 こちらは19世紀初期のランジェ窯のブイヨン用の小さなスーピエール。

ロワール地方のランジェは、王族が狩猟に出かけていて場所で、トゥールにあったこの窯は国営の窯でした。
編み編みの陶器など特徴のある形のものが多いんですよ。

 この小さなスーピエールの形もまた、魅力的なフォルムです。

ボーダーのラインはヴィンテージ?と思ってしまいそうですが、れっきとした19世紀のアンティーク品です。
クリーム色が素敵なお品です。


 そして、まだありました。
すずらんのお品が!
クレイユモントローのフローラ・ミュゲシリーズ。
ミュゲ(スズラン)の名前の付いたシリーズの割に、すずらんの出現率がかなり控えめで、パッと目にはお花柄と言った方が正しいような気持ちになります。


 大皿、深皿、ディーナー皿と上のラヴィエの4点です。

きれいなお花たち。
で、どこにすずらんが?



 笑。
上の写真のブーケの下の方に控えめにいるの分かります??
ミュゲちゃんたちが。

歴代のフローラシリーズのイメージを壊すことなく、すずらんがプラスされた美しい柄になっています。



ね、ミュゲって刻印に入っていますでしょ。

1枚だけMuguetの文字のないものがありますが、同じシリーズのお皿になります。

以上の商品は間もなくグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします。
お楽しみに!

店長 イデコ(*^^*)
http://ideco.ocnk.net/

PS:5/9(月)は私用でお休み取らせていただきました。
お問い合わせなどへのご返答は商品更新後になってしまう事があります。
申し訳ありません。m(__)m