2016/06/01

嬉しいお便り♪♪♪ 白いソーシエール

5月に更新した分の商品が届き始めたころ、お客様よりお写真をいただきました♪

頂いた写真は今回お送りしたものではなくて、以前にお買い上げいただいたシェルレリーフのソーシエールでした。(*^^*)


素敵なドライフラワーを飾っていただいて、嬉しいですね~~~♪♪♪

なにより目が留まったのが後ろのクッションでした。
ネックロールクッションと言う名前のクッションで、休憩の時などに枕替わりにするのでしょうね。

ローズのティッキング??と~っても素敵な色合いでイデコも大好きなベージュ~クリーム~トープ色ではないですか!
お話をお伺いしたらティッキングではなくカーテンの生地からご自身で作られたのだそうです。(*^^*)
フランスもカーテンの柄と同じ生地でクッションを作ったりしますから、とってもフランス的な発想で素敵ですね♪

写真を拡大してじ~っと眺めました。
素敵ですね~♡

アンティーク好きの皆さんお写真もお上手で、いつも焦ります。爆
このお写真も光の入り具合が素敵で、ふんわり感が羨ましいです~♡
ドライフラワーはアトリエで教わったものだそうです。
いいですね~、イデコも日本にアトリエなど欲しい~!
って、イデコの場合オシャレなというよりは雑然とした倉庫となりそうですが。。。笑
いつか・・・?


ソーシエールのお話に戻りますが、たくさんの商品を扱っていますので窯はお恥ずかしい話覚えていないのですが(リュネビルかサンクレモンかな?)、19世紀終わりから20世紀初め頃のものだったと思います。
これの基になっているのがイギリスのリーズ窯のものなのです。


フランスの多くの陶器製食器は18世紀のイギリスの技術やデザインを受け継いだものが多いんですね。
基になっているとはいえフランスのお品もアンティークですよ♪
そんな事を思いながら、イギリスにもいつか行ってみたいなぁと思うのでした。

素敵なお写真をくださったお客さま、ありがとうございました♡


ただいま次回の更新準備中です。(*^^*)
次回はヴァロリスのブルーのお華のバルボティーヌや、カフェオレボウル特集と白い食器もご紹介する予定です♪

店長 イデコ