2016/09/20

アンティーク界の王道 カフェオレボウル特集♪♪♪

カフェオレボウルの特集も何回目になりますでしょうか。

やっぱりかわいいカフェオレボウル。
状態は様々ですが、いろいろ集まりました♪

 アヒル(カモ?)の赤と青。


 赤い方はヒビあります。

 ブルーの方はカケあります。

毎回のことながらダメージのあるものも多く、UP後は商品ページの詳細と写真をよくご覧になられてくださいませ。


 ディゴワンらしい、かわいいモロッコ柄のボウルや小花のボウル。


 渋い柄はクレイユエモントローとボルドー窯のもの。

やはり美品と呼べるものが少なく。


 このボウルは珍しいから両面お見せしますよ♪
カモの柄の面と。



 キツネでしょうか。
小動物を口にくわえているんですよ。(・´з`・)

こんな柄、現代ではありえないですね。

脚も高くて素敵です♡

内側の様子を追加しておきます。


クレイユエモントロー 1840年
小さ目の貫通していないと思われるヒビが2,3カ所ほど(または貫入の延長ライン)、貫入やシミが全体に、フチにカケが1か所、キズが多数、内側にキズや擦れ、釉薬の剥がれなどが見られます。

その他の詳細はUP後のオンラインショップにて♪

 濃いピンクの柄のクレイユモントローのボウルは少し浅めのフォルムでお茶碗みたいです。
2個ともヒビがあります。


そして、クレイユのグリーンのボウル。


 残念なことに、パカーンとふたつに割れた跡。。。



 そしてアグラフ方式で修理された跡。

かなり古いダメージなんですね。
洗ったり何度も動かしていますが、ぐらつきはなく安定しています。


 こちらはサンタマン
浅めでやはりお茶碗っぽいですね。
柄もどこか和風な。笑


 ボルドー窯のボウル、脚が高くてとてもカッコいいのですが脚に大きなカケが。
反対側にもカケが見られます。



 かわいい鳥の柄。

今イデコの家ではキジバトブームなんですが。2羽で仲良入るところを見るとキジバトに見えて仕方ありません。笑

 コレクション用に♪



 アラブの文字が入った、珍しいボウル。
大きくてもうボウルと言うよりどんぶりのようですよ。


 シミ多めですが表面はツヤツヤしています。



 ジアンのボーダーは珍しいパープル色。


 そして、かわいいかわいい薔薇のカフェオレボウル。

すべてディゴワンかサルグミンヌです。
もしくはディゴワン&サルグミンヌ。


 シボンは有名ですね。
カフェオレボウル好きの方ならひとつはお持ちかも?


 すべてに名前がついています。

詳細は商品のページでご確認くださいませ。m(__)m


 両面に薔薇の柄のついたものも。


 後ろが蕾気味の薔薇。



やはり、ぼかしの薔薇は堪りませんね!
かわいい!


 白いのはサルグミンヌのフルーツレリーフ。
これは比較的良い状態です♪


 イタリアの白い、そして古いボウル。


ディゴワン&サルグミンヌだったと思いますが、側面がレリーフのボウル。
シンプルでよろしい。




以上のボウルたちは間もなくグルニエイデコのオンラインショップでお目見えいたします!
尚、ご質問へのお答は商品UP後になる可能性がございます。
詳細は直接商品ページをご覧になられてくださいませ。m(__)m

また、状態様々ですので、よ~く吟味してください♡
お楽しみに!!!


店長 イデコ(*^^*)

グルニエイデコのオンラインショップ
http://ideco.ocnk.net/