2016/10/25

次回更新予定のフォルムある 個性的なフランスアンティーク食器♪

食器に限らずなんですけど。笑

次回の更新も陶器中心で行かせていただきます♪(*^^*)
雑貨も入れようかと思ったのですが、慣れないものをやると手が止まってしまいはかどりませんので、やはり好きなものを♡

 イギリスのクリームウェアのカットワークとガーランドのレリーフが素敵なパニエ。
かなり古いと思います。
風化は見られますが、素敵ですよ♪

 この手のパニエ皿は何に使われていたのでしょうね?
小さめのフルーツなどを入れていたのか?

穴が開いているからソースというわけにはいかないし・・・。

 こちらのぽってりした白釉のお品はソース用の容器。
ムスティエかヌヴェールのようですが、比較的最近のもののような気がします。
ムスティエかな?

 同じく、ムスティエだと言われたからでもないのですが)、面白い形をした白釉の陶器。
おそらくですが、穴がたくさん開いた蓋がついていてお花を活ける用の器だったのではないでしょうか。


 でもこれは蓋はありませんので、このようにキャンドルでも立てて素敵にアレンジしてみてください♪


 やはり白釉のサントン人形。
白釉のサントンは珍しいので、これもやはり最近のものだと思います。
有名なサントン作家のご子孫かお弟子さんの作品でしょうか。
昔からの型が使われています。

 魚採り用の網もついて、雰囲気ばっちりですね!
ポワソニエールの女性。

サントンとは小さな聖人の意味があり、始まりはキリスト誕生のシーンを再現したものなんです。
教会に飾ってある等身ほどの大きなものは、クレーシュといってクリスマス時期によく見かけますね。
教会のクレーシュは、誕生したキリストと聖母マリア、ジョセフ、東方の三賢人、牛や羊などがスタンダードなクレーシュなんですが、プロヴァンスのクレーシュはいろいろ変化が付けられて、近所のおばあちゃんとか、羊飼い、マルシェやパン屋で働く人までもがキリストの誕生のお祝いに駆け付けるという、にぎやかなシーンです。笑

そして家でも楽しめるようにと、小さな人形が作られ大ヒットしたのだそうです。

 形あるもの、その他には
マリコルヌのパニエ。
ジャルディニエールだよとの事でしたので、フルーツを入れておくものよりは植物などを入れて飾る方がよさそうでしょうか。
まっすぐなラインが、エミールテシエの手によるものとは違う、最近の表情がうかがえます。
複雑なものはお弟子さんたちには難しいのでしょうか、それともデザイン的にシンプルな方が好まれるから?


 イタリアンパセリですみません。笑


 とっても雰囲気のある、フチのパール装飾がまた素敵なお品です♪


 そして、ナポレオン3世時代の調味料入れセット。
オイル&ビネガーの長めのボトル2本とマスタード、塩、コショウ用の小さなポットが3個。
ガラス容器は別に仕入れたものです。
でも19世紀も終わりとなると産業が進んでいたようですので、ある程度同じ時期に作られたものにはサイズが合うようになっており、これもサイズぴったりなんです。

ひとつのボトルの口の部分にカケが見られますが、それ以外はとっても良い状態です♪


 こちらは、鋳物のスタンドの調味料入れセット。
オイル&ビネガーのボトルは状態良いのですが、3つの小さいものは風化が見られます。
本体にもはんだごてで修理された跡が1か所ありますので、詳細はオンラインショップでご覧くださいませ。


 黒いジャルディニエールシリーズは珍しいのだそうですよ♪
 サルグミンヌ窯です♡

 クレイユのコーヒーポット。
鳥の頭をした注ぎ口が素敵です。
難ありです。


 美しいオーバル型の大皿は、20世紀のもの?

本当ですか?

 横も


 裏も、

とっても17世紀っぽいけど。。。

絵付けだけ最近されたとか、いう事もあるのでしょうか?
絵付けはかなり繊細できれいにされているところを見ると17世紀のものではないのは分かる気がしますが。

陶器自体のつくりはとっても17世紀のヌヴェールに似ています。

言われたとおりに20世紀前半でこの手のお品にしてはお安めに出していますので、目利きさんがいらっしゃったらかなりお得な場合もあるのかと???



 そして、南仏アプト窯の黄釉の花形リム皿。
とってもやさしい温かなお色です♪


 こちらも素敵でしょ?
窯も時代も不明ではありますが、かなり古いものだと思います。
ずっしりと重く、手書きの柄が面白いお品です♪


 ピションのティーカップ&ソーサーはすべて状態良し♪


葉脈レリーフ皿は秋らしく黄色♪

いろいろご用意しております。(*^^*)

 グルニエイデコ オンラインショップ
http://ideco.ocnk.net/

店長 イデコ(*^^*)


PS : お問い合わせへのお返事は11/1以降になってしまう可能性があります。
また、いただいたメールが迷惑メールに入ってしまいますと、こちらでは読むことができない場合もでてくるかと思いますので、10/31以降にメールをいただければ幸いです♪