2017/01/06

オクトゴナルやレリーフの美しい19世紀フランスの白い食器たち♪♪♪

次回の更新で紹介するお品もののご紹介です♪

白というよりアイボリー色のほうが近いのですが。

 クレイユエモントローのオクトゴナルの食器たち。

八角の陰影が美しいですね~。
オクトゴナルの食器を扱ったことのないアンティーク屋さんは日本にはもういないほど、オクトゴナルがたくさん日本へ旅立っていることともいます。

でも!
やっぱりオクトゴナル💕
素敵なんですよ~💕

 カップは状態よいもの、いまいちのもの、いろいろあります。


 写真では分かりにくいこともありますので、なるべく文章で書き表していますので、説明や写真につけたキャプションをお読みくださいませ。m(__)m

オンラインショップの商品写真をクリックすると、特記すべきところには注釈を書き足しています。


 例えば、こんなシミや

フチのキズなど。

小さなことがいろいろあるものが多いので。
でも全部に言えるのは表面がツヤツヤだということ。

このパールのような装飾が気品さを出していますね。


すてき♪





それから、こちらでは紹介していませんが、ソーサーのない、ヒビが大きく入ったカップがひとつあります。

 それからブイヨンボウルが1ひとつ。
ヒビが2本入っています。


 シミのみられるソーシエール。
ソース用の器です。
植物などを活けても合いそうです♪

 舟形のラヴィエは3点あります。


 コンポティエは2点。


 カケのあるもの。



貫入とシミのみられるもの。




あとは小さなパン皿が5枚
状態は良くないものがほとんどです。

 この写真は一番状態の良いもの♪


 サルグミンヌのオクトゴナルも1枚だけ!
ディナー皿になります。




オクトゴナル以外には、
19世紀ランベルヴィレー窯のお花と米粒レリーフのデザート皿。


 これもなかなか良い状態のものを見つけるのが難しく、何かとあるものがほとんどですが、

 それでも素敵なランベルヴィレーのお皿だおと思います。

しかも、19世紀のランベルヴィレー窯のお皿以外のものは見たことがありません。
例えばスーピエールとか、カップとか、存在したのでしょうかね?

 レリーフがくっきりしているものと



 釉薬が厚めにかかってぽってりしているものと、あります。
状態もいろいろです。

 そして、こちらも定番!
クレイユエモントローの白いレリーフ皿♪

3枚あります。

カケやヒビはありませんが、シミや擦れなど小さなことはあります。

それでも、やはり、アンティークですので、
新品みたいなもの、をお求めの方よりは、古いものの味を分かっていただける方に大切にしていただけたらいいなぁと思います。m(__)m

いえいえ、新品のようなアンティークをお求めの方のほうがほとんんどなんですよ~。
イデコもできれば新品みたいなものを使いたいですので。笑

以上の19世紀フランスアンティーク界の大御所たちは、間もなくグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします♪

お問い合わせへのお返事は新商品UP後になってしまう場合がございます。
更新の際に状態などご覧くださいませ💕


http://ideco.ocnk.net/
店長 イデコ(*^^*)


更新間に合うように残業でがんばっています~!
お楽しみに~~~♪