2017/05/17

クレイユエモントロー特集♪ 人気の定番ものからレアものまで♪

しかも薄っすらと青っぽい釉薬の白が素敵なお品がほとんどですよ♪



まずは大変珍しいものから、

アイビーがモチーフになったレリーフのカップ&ソーサー
上の写真にありませんが、集合写真を撮った後に次回の更新に入れることに決めたホヤホヤの商品です♪


2客ご用意しております♪
#1の方は内側に製造時のキズやソーサーの裏にカケなどが見られます。

アイビーの葉と実が素敵なレリーフです💕


 #2の方は口径の手前の方に釉薬レベル(浅いレベルで貫通していません)でのラインまたは貫入が1か所見られるのと、釉薬の削げが一部に見られるなどの事はありますが、かなり状態の良いものになります。


滅多に見られないお品ですよ~。
仕入れ値の関係でグルニエイデコにしては多少お高くなってはおります。m(__)m



そして、初めて見る大変美しいピシェ。
木に咲いたお花のレリーフです。

なんのお花でしょうか?
どこかジャポニズム風な素敵な雰囲気です💕

持ち手の上の方にヒビがあり、修理していただいた方がよろしいかと思います。
そうでなければ大変きれいな状態です♪


重たいものですのでなかなか本当の役割の水差しとして使われる方はあまりいらっしゃらないかと思いますが、お花を活けたりするととっても素敵ですよ♪



そして、こちらは白いソーシエール。
フローラシリーズなどのブルーのカマイユ柄では見たことありましたが、白いのは初めてです。
ちょっと難ありで、製造時にできた素地や釉薬のムラに加え、ヒビやかけなど見られます。



 それにしても、繊細で美しいレリーフとフォルムですね💕



そして定番のピシェ♪
つるんとしたフォルムが素敵です。(*^^*)



ジャムポットは3つ。
大中小と。

大はかなり大きいんですよ♪



鉢カバーなどにも素敵ですよ♪
鈴蘭は毒性があるとの事なのですが、撮影後すぐに洗ってあります。
基本的に撮影で植物入れる際は、その後に洗うかビニールでカバーしてから写真撮っています。

まあ、
中にテラコッタの本鉢が見えてしまってますけど。。。(笑)




こちらも人気の定番(になっているかな?)もの、ムタルディエです。
スーピエールのようなフォルムですが小さくて飾りやすいので人気です♪


そして、レリーフの美しいサラディエ。



サラディエ、と呼ばれてはいるものの、実際にはピシェの水受けだったのかな~?
と思い水差し入れてみたら美しい組み合わせになりました。(笑)



アイボリー色のサラディエは20世紀初め頃のもの。
モントロー窯になります。
花形リムが素敵ですね♪



やはり色合いがアイボリーのモントロー窯の丸皿。
深皿、ディナー、デザートの3タイプあります。


写真のものは状態がよろしいほうのものですが、かなり使用感のあるものがほとんどです。
その分お安くなっています。
保険なし送料込み3900円からですよ~♪




そしてやはり人気の白いスーピエール。
この尖ったような蓋のフォルムや取っ手のレリーフが美しいところが人気の秘訣でしょうか。
やっぱり素敵です♪
遠目では分かりにくいですが使用感でております。


最後にラヴィエたち。
クレイユエモントローのものは2点になり、他の2点は別の窯のものです。

クレイユエモントロー好きな方ならもうお分かりでしょうか。(笑)

左の2点がクレイユエモントローですね。(*^^*)
一番右はボルドー窯、右から2番目はロンウィのラヴィエで珍しいパープル色になります。


人気の定番としては白いラヴィエ。



 こちらはエグランティーヌ(野ばら)素敵な柄です。
白いのと全く同じ形です♪



ラヴィエのような規定外っぽい形のお皿は現代ではなかなか見られないですよね。
ラヴィエはアペリティフ用のおつまみやオードヴル用などに使われていましたが、少し深さもありちょっとしたものに便利です。
和食のような小皿が活躍する食卓には便利ではないでしょうか。


以上の商品はまもなくグルニエイデコのオンラインショップにお目見えいたします。

状態は様々ですので、UP後のオンラインショップでご確認くださいませ。
これからのご質問へのお返事はUP後になってしまいますので、よろしくお願いいたします。m(__)m
すみません~~~
いつもバタバタで。。。(´-`).。oO

お楽しみに💕


店長 イデコ(*^^*)
http://ideco.ocnk.net/